脚本の書き方が上達するコツ10選

脚本を書くことは多くの人にとっては大変な作業です。ときには弱音を吐きたい時もあるでしょう。そのような際は、先輩脚本家たちが残したヒントが頼りです。記事では、そのような脚本の書き方が上達するコツを10個厳選してお伝えします。

sponsored
sponsored

脚本の書き方が上達するコツ1_
どんな脚本でも完成させる

脚本を書いている最中に「上手く書けない」「駄作だ」と気付くことがあります。ゼロから書き直したり、全く別の物語にシフトしたりしたくなるかもしれません。しかし、このような場合でも最後まで書ききってください。

物語を完結させることはとても重要です。脚本家志望の方のなかには、一つのアイデアに固執して何度も書き直し、数年を費やすケースも存在します。

どんなに気に入らない脚本であっても完成させることで前進します。気になる箇所はリライトで補修してください。

脚本の書き方が上達するコツ2_
見ながら読む

脚本家として成長したいなら、映画やドラマを見る勉強法がおすすめです。プロの作品から得るものは計り知れません。しかし、いち視聴者としてボーッと見ているだけでは身にならないでしょう。

気に入った作品の脚本を手に入れてください。名作と呼ばれる映画やドラマであれば、多くは一般販売されています。販売中の脚本の中からこれはという作品を選んでも問題ありません。

あとは映像作品を見ながら脚本を追いかけてください。脚本家の意図や狙いを意識することができるでしょう。

脚本の書き方が上達するコツ3_
ひらめきを養う

脚本家としての感性を磨くためには、映画やドラマを見ることは効果的です。しかし、それだけでは十分ではありません。小説や漫画、音楽、絵画や彫刻などのアート、あらゆる創作物に触れインスピレーションを養ってください。

また、日常の何気ない風景や身近な人物とのいつもの会話などからも、ストーリーやキャラクターのひらめきを得ることは可能です。自分の想像力のリミッターを外して、感覚を研ぎ澄ましましょう。

脚本の書き方が上達するコツ4_
登場人物の邪魔をする

観客は、テーマやストーリーより、登場人物に興味を示すものです。そのため脚本にとって登場人物は最も大切な要素だといえます。

主人公はもちろん、脇役の一人ひとりにいたるまで思いを馳せてください。彼らが望むものを理解したら、脚本家であるあなたは、それを阻む障害を作りましょう。キャラクターが感情をあらわにして生き生きと行動するはずです。

脚本の書き方が上達するコツ5_
セリフに頼らず、行動で示す

登場人物の本心やストーリーの核心に迫る場面であるほど、ドラマティックに表現するべきです。そのため、セリフで説明するより、行動で示すように心がけることをオススメします。

脚本の書き方が上達するコツ6_
身近な分野を題材とする

脚本の題材は、身近に転がっていることがあります。リサーチをしなくとも語れる分野がある場合、ぜひ作品へ取り入れてください。もし、あなたに販売員の仕事経験があるのならその体験を生かしてサスペンスやミステリーを書くことをオススメします。

一方、専門家ではない人がウィルスについての知識がゼロの状態から調査を開始しても、脚本が書けるほどの知識を構築するには長い年月がかかるでしょう。脚本家にとって大切なことは、調査ではなく、脚本を書くことだと肝に銘じてください。

脚本の書き方が上達するコツ7_
自分の感情を信じる

登場人物の感情を描く時、あなた自身の過去に目を向けると近道です。子供時代、家族との関係、友達や恋人とのエピソードなどのなかから、最も近い感情を探し当てます。

例えば、可愛がっていたペットが亡くなった時の悲しみは、大切な人を亡くした脚本の登場人物とシンクロするはずです。本物の感情に裏打ちされたセリフや行動には真実味が生まれます。

脚本の書き方が上達するコツ8_
ステレオタイプを排除する

教師であれば秩序に則って、少年であればわんぱくに、老婆であれば穏やかにいつも笑顔でといういわゆるステレオタイプのキャラクターは、読者や視聴者をしらけさせます。オリジナリティあふれるキャラクターを生み出すには先入観や固定観念を払拭しなければなりません。

登場人物の性別や年齢、職業などを変更するのは有効な手段です。キャラクター設定を少し変更するだけで、全く新しいアイデアが生まれることもあります。

脚本の書き方が上達するコツ9_
自己主張を恐れない

脚本家の仕事は、世間で常識だと思われていることに異を唱えて自説を訴えることです。自分だけの考えを主張するには勇気を奮い立たせなければいけません。しかし、時には間違いを犯すこともあるでしょう。

だからといって無難な主張を展開しても読者は満足しません。体裁だけが整った脚本の存在価値は薄いのです。自己主張することを恐れずに、思うままに脚本を書いてください。

脚本の書き方が上達するコツ10_
より短くする

テンポの良いシーンを書くコツは省略にあります。例えば、あるカップルが喧嘩をして女性が男性を平手打ちするエピソードがある時、喧嘩の原因や二人の険悪なムードから描くと冗長に感じられます。

このような場合、平手打ちから始めると良いでしょう。そして、さっさと次のシーンに移行すると「この二人はこの先どうなるんだろう」と、読者・観客の興味を引きつけられます。シーンは途中から初めて、尻切れトンボで終わるのがコツです。

読者に状況を理解してもらいたいという思いから、説明過多になるケースは少なくありません。しかし実際、読者は行間を読み、勝手に理解します。脚本家は、不要な描写をできるだけ削り、短くするよう努めてください。

まとめ

脚本の書き方にはいくつものコツがあります。特に初心者に役立ちそうなコツを10個紹介しました。これらのヒントを実際の執筆活動に生かしていただければ幸いです。