トラックボールマウスでbluetoothトラブルが起こった際の対処法~交換方法【M570t、SW-M570、M570/ロジクール】

脚本を書く作業はパソコンで行うことが一般的です。中には毎日書く人も多いでしょう。だからこそ執筆環境は快適にしたいはずです。そのような人にはトラックボールマウスをおすすめします。普通のマウスに比べて手首の負担が軽く、長時間の作業でも疲れにくいと好評です。しかし、本当に使いこなせるのか、と不安に感じる方もいるでしょう。記事では、ロジクールのトラックボールマウス「M570t」を参考にして、基本的な使い方や使用上のコツ、bluetooth(無線)でトラブルが起きた際の対処法などを解説します。

sponsored
sponsored

M570tとは?

M570tは、ロジクール社が提供するトラックボールマウスを指します。トラックボールマウスとは、親指だけでカーソルなどを移動させることができるマウスのことです。いわゆる普通のマウスは本体を持ち上げたり手首をスナップさせたりするのに対し、トラックボールマウスでは基本的に親指しか使わないため、手首を始めとする手全体の負担を軽減します。そのため長時間のパソコン作業に向いているのです。また、マウス本体は移動しないため省スペース化を図れます。さらにM570tは、bluetooth(無線)を搭載しているトラックボールマウスです。コードの処理がわずらわしい有線マウスに比べてデスクの上がスッキリするメリットがあります。このような特徴があるため、トラックボールマウスM570tは、カフェなど狭いスペースでの作業に最適です。

M570t、SW-M570、M570との違いは?

インターネット上でロジクールのトラックボールマウスを検索すると、同じような紹介写真でありつつ名称が異なる商品が存在します。M570t、SW-M570、M570のことです。これらは商品の型番を表しています。では、どのような違いがあるかと迷う人もいるでしょう。実は商品であるトラックボールマウス本体は同じものです。そのためどの型番を購入しても、問題ありません。保証期間の有無や長さ、販売価格を比較して購入してください。

M575Sは次世代機器

先述したM570シリーズが進化・発展した後継機がM575Sです。M575Sは2020年11月26日にロジクールから発売されたトラックボールマウスであり、従来モデルと比べて素材やデザイン、性能などが変化しました。2020年12月現在、最新機種ということで販売価格はM570tより1,000円くらい高いようです。少しくらい高くても新しい方が好きという方にはM575Sをおすすめします。一方、ほとんど機能が同じならできるだけコストを抑えたいという方にはM570シリーズがおすすめです。

M570tの基本的な使い方

トラックボールマウスM570tの使い方は至ってシンプルです。マウスに単三電池を一本入れてスイッチオン。パソコン側のUSB差込口にbluetooth(無線)の発信機(レシーバー)を設置するだけです。後はマウスとパソコンが勝手にペアリングしてくれます。ものの数秒で自動的に使用できるはずです。

便利な5ボタン

ロジクールのトラックボールマウスM570tには、クリックできるボタンが5つ搭載されています。まず基本的な左クリックと右クリックのボタンです。またスクロール部分もボタンになっており、ウェブページを自動スクロールするときなどに使えます。進むボタンと戻るボタンは、人差し指だけで簡単にウェブページを遷移できる便利な機能です。ウィンドウズのエクスプローラーを操作する際、フォルダー階層を移動する際にも利用できます。

2週間も使えば慣れる

従来型マウスからトラックボールマウスに移行することに不安を覚える人がいます。自分には使いこなせないだろうと、不安に思うのです。しかし、実際にはすぐに慣れます。もちろん個人差はありますが、およそ1週間~2週間程度で違和感なく扱えるようになるでしょう。うまく扱えないと従来型マウスに戻したくなりますが、無理やりにでも触り続けることが早く慣れるコツです。

週に一度の10秒お手入れ

週5日、毎日8時間以上パソコン作業をする場合、1週間程度でボールの転がりがぎこちなくなります。これは指の汚れが蓄積されたために起こる軽微な不具合です。ティッシュペーパーなどで掃除をすれば元通りなめらかにボールが転がります。お手入れの方法は簡単です。まずトラックボールマウスの電源をオフにします。次に裏面の穴から指を入れて、ボールを押し出してください。ボールが入っていたくぼみにある3つのセンサーを確認します。汚れはそこにたまるので、ティッシュなどで軽く拭いてください。最後にボールをくぼみにはめ込んで電源を入れたらお手入れ完了です。

M570tのbluetoothが途切れる場合の対処法

M570tは、bluetooth(無線)を搭載したトラックボールマウスです。煩わしいコードがないことはメリットですが、無線が途切れるなどのトラブルが極まれに起こります。その原因と対応策を伝えるので参考としてください。

電池を交換する

ロジクールのトラックボールマウスM570tは、単三電池が一本必要です。経験則から、およそ1年半程度は持ちます。トラックボールの反応が悪くなったと感じたら、まず電池切れを疑いましょう。

bluetoothの送信機(レシーバー)と近づける

bluetoothの反応が悪い原因として、パソコンのUSB差込口に差した送信機(レシーバー)とトラックボールマウス本体の通信状態の悪化が考えられます。一般的にマウスとパソコン本体は10メートル以上離れることはないので、離れすぎて不具合が起こるケースは少ないはずです。しかし、間に障害物があるために無線通信が阻害されることは度々起こります。例えば、デスクの左下にパソコン本体があり右手でマウスを操作する場合、間に存在する人物が障害物となるためbluetoothの反応が悪くなることもあるのです。解決するには送信機(レシーバー)とトラックボールマウス本体の間にある障害物を避けたり、物理的に近づけたりします。送信機をパソコン本体の後ろ側から前面に差し替えるだけでも改善するかもしれません。また、100円ショップなどにも売っているUSB延長コードを利用しても良いでしょう。

保証期間内であれば新品と交換可能

トラックボールマウスのbluetoothに不具合が起こり、上記を試しても改善しない場合は本体の故障も考えられます。保証期間内であれば、新品と交換してくれるはずです。その手順について解説するので参考にしてください。

M570tの交換方法

私の場合、トラックボールマウスM570tをAmazonで購入しましたが、交換に対応してくれたのはロジクールでした。修理するという選択肢はなく、新品を届けてもらえます。その際、不具合のあるトラックボールマウスは回収されません。つまり、一時的ですが手元に2台のマウスが残ります。不要なマウスは処分しなければなりません。

交換手順1_シリアルナンバーを調べる

まず、トラックボールマウスの裏側を調べてシリアルナンバー(「S/N」に続く数字)を控えます。このナンバーを頼りに交換依頼をすると、保証期間などが判明しているようです。そのため正確にメモしましょう。

交換手順2_フォームから問い合わせる

手順1で調べたシリアルナンバーを入力して検索します。(ロジクールの公式ホームページURL)製品の詳細ページが表示されたら説明欄に故障の症状や不具合が起こった経緯などを明記します。入力すると、下部に追加エリアが表示されるはずです。「サポートがまだ必要です」をクリックするしてください。すると、下部にメールアドレス、国、名前、添付ファイルを入力できる欄が現れます。最後に送信ボタンを押して作業完了です。

交換手順3_サポートからのメールを確認する

1~2営業日ほどでロジクールのサポート担当者からメールが届きます。症状に応じたトラブルシューティングを紹介してくれるので再度確認してください。それでも改善しない場合は、氏名、電話番号、郵便番号、そして交換品の送付先住所を聞かれます。それぞれ間違内の内容に入力してください。その後、約1~2週間程度で商品が手元に届くはずです。ただし、在庫状況によって期間は異なります。

一度使うとやめられないトラックボールマウス

トラックボールマウスは、執筆活動をする人だけでなくパソコンで作業をするすべての人におすすめできるマウスです。特にロジクール社のトラックボールマウスは評判が良く、はじめて扱う人でも問題なく使えます。慣れないうちは不便に感じるかもしれませんが、1週間も使えばその便利さを実感できるはずです。それどころか一度使うとやめられないほど魅力的なマウスだといえるでしょう。