死して気になるあの世の性事情

生か死か、もとい性か死か。人間が死に際に選ぶのは性という『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』をアマゾンプライムビデオで鑑賞。ネタバレ有りのレビューです。

ベタで新しい

スターウォーズ人気は凄まじいですが同じくらい毛嫌いする人がいるように、SFと聞くだけで拒絶反応を示す人は多いです。『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』はSFです。でも、専門用語が飛び交うわけでもなく、今どきのITやWEB系ワードが出てくるだけの近未来SF。だから、意外と親しみやすいかもしれません。

登場人物の抱える悩みも現代的。満員電車がきついとか、嫌な上司に目をつけられているとか。SFにする必要ある? と思われそうだけど、AIによる管理社会に窮屈を感じるという「SFのあるあるネタ」も抑えてあります。SF設定はリッチだけど、中身はベタな展開というギャップが売りのドラマだと思います。

SFとブラックジョークでぶった切る

SFというからにはCGにも期待したいところ。宇宙船や、サイコガンは出てきませんが、指がスマホみたいになったり、自動車や自転車が全自動で動いたりと地味なガジェットで押してきます。日常にSF的要素を組み込んでいるので極めてナチュラル。逆に派手なドンパチを期待すると少し物足りないかもしれません。

外見的な目新しさはSFの魅力のひとつ。でも、ジェネレーションギャップやカルチャーギャップのような内面の目新しさも興味深いものです。『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』の世界観では、死んだら終わりではなく始まり。(プレ)死後の世界で恋をしたり、ご飯を食べたり、トイレに行ったりします。極めつけは自分の葬式の準備を自分ですること。それもスマホで現世の恋人と話しながら。死んでも休まる暇がない様子をシニカルに描いて、現代を風刺します。原案や脚本のグレッグ・ダニエルズはブラックコメディ作品が得意な作家だというので、なるほどという感じです。

デジタルなあの世と現実世界がシームレスにつながる仕掛けは、ストーリーの展開幅を広げる役に立っています。自分の死の真相を自ら解き明かすサスペンス要素もそのひとつ。幽霊になって自分を殺した犯人を突き止める展開は『ゴースト/ニューヨークの幻』以来、山のように作られてきましたが、SF的要素がからむだけで新鮮に見えるから不思議ですね。映画のネタは切り口を変えると新しく見えるという典型といえます。

おバカな主人公に興味がわく

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』における死後の世界は、人工的な電脳世界であり、利用者は主にお金持ちのセレブ限定です。地獄の沙汰も金次第ならぬ、天国の沙汰も金次第な環境で、貧乏な男女が出会い恋をする。片や電脳世界の管理者であり、片や死にたてホヤホヤのイケメン。恋愛はハードルが高いほど燃えるのが作劇の基本ですが、生者と死者はその最たるものではないでしょうか。

ただ、いくら設定や展開に目新しさがあっても、登場人物が魅力的でなければ見てられません。その点「次も見てみようかな」と思ったのは病院のシーン。死の淵にある主人公が、成功率の低い手術か電脳世界へのアップロードかという究極の選択を迫られます。ところが主人公にとって気がかりなのはあの世でもセックスできるかどうか。そしてそれが可能だとわかると「たかが永遠のこと」といってアップロードを選択。そんなちょっとおバカな主人公の行く末には興味がわいてきます。

まとめ

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』は、Amazonプライム・ビデオのオリジナル海外ドラマ。1話30分程度でファースト・シーズンは全10話。早くもシーズン2が更新されるというニュースも出ているので多くのファンを獲得したのでしょう。一見複雑そうでも、意外とクセが強くないドラマなのでさらっと鑑賞できるはず。SF絶対NGという人でなければ、ぜひご覧になってはいかがでしょうか。