映画「アイアンマン」の脚本が見本!観客の心を掴むテクニック

アメリカのアクションヒーロー映画「アイアンマン」。爽快なアクションさながらに、テンポよく運ぶファーストシーンは、あっという間に観客の心をつかみます。今回は、映画「アイアンマン」のファーストシーンを脚本の見本として、その秘密を探ります。

映画「アイアンマン」ファーストシーンの脚本

○岩と砂ばかりの枯れた土地

雪山が彼方に見渡せる。

かろうじて舗装された道を、砂埃を巻き上げながら疾走するアメリカ軍のトラック連帯。

タイトル「アフガニスタン クナル州」

機関銃で周囲を威圧しながら走る二台のトラック。

○疾走する車・車内

ラジカセからはアメリカらしいロックンロール。

迷彩服を着込んだ生真面目そうな兵士たち。

ブランデーが波打つ。

高級スーツに身を包んだトニースターク。

明らかに場違いな存在だが、意に介さない。

トニー「軍法会議に連行される気分だ」

無表情で相手にしない兵士。

トニー「殺す気じゃないだろ? 私との会話は禁止か?」

兵士A「話せます」

トニー「私が嫌いで話さないのか?」

兵士B(女性)「怖がってます」

トニー「君は女性か、わからなかった。悪く思うな、女性ではなく軍人かと思った」

トニーの軽口に兵士たちの緊張も解けたのか、笑みもこぼれる。

兵士B「空軍兵です」

トニー「素晴らしい骨格をしている。視線をそらすのに苦労するよ」

声に出して笑う兵士たち。

トニー「やっと笑ったな」

車内の緊張がふっと溶ける。

兵士C「質問があります」

トニー「何だ?」

兵士C「マキシム誌のモデル12人と毎月関係を?」

トニー「いい質問だ」

サングラスを外すトニー

トニー「三月号とは出来なかったが、十二月号が双子だった」

すっかり和みムードの兵士たち。

トニー「他には?」

おずおずと手を上げる兵士。

トニー「遠慮無く聞け」

兵士D「一緒に記念撮影を」

トニー「いいとも、かまわないさ」

兵士Dは、迷彩服のポケットからカメラを取り出すと前シートの兵士へ預ける。

トニーと寄り添ってピースマークをする兵士。

トニー「(カメラ目線のまま)ブログへは載せるなよ。その手はよせ」

手を下ろす兵士。

トニー「今のは冗談だ」

気を取り直してポーズをとる兵士とトニー。

トニー「平和は最高だ。私は失業するがね」

カメラの兵士はメカに弱いようで手間取っている。

兵士D「早く撮れ。変にいじるな」

瞬間、前方を走るトラックが爆発。

トニーのトラックに対しても銃が撃ち込まれている。

兵士たちはパニック状態。

トニー「何だ?」

兵士B「左に敵!」

トニー「何だと?」

女性の兵士が勇猛果敢に車外へ飛び出るが、すぐに狙い撃ちされる。

「ジミーは残れ」「伏せて」「チクショー」と若い兵士たちは戦々恐々。

兵士たちは必死に応戦して銃撃戦となる。

最後の護衛の兵士が車外へ出る。

トニー「(慌てて)銃をくれ」

兵士「動かないで」

途端に蜂の巣にされる兵士。

途方に暮れるトニー。

車外を見回すとバタバタと倒れていく味方の兵士たちが見える。

絶体絶命の状態に追い込まれるトニー。

○戦場

車から丸腰のトニーが出てくる。

全力で走って逃げるトニー。

爆撃と銃声が追いかけてくる。

数十メートルだけ逃げたところの岩陰に身を隠すトニー。

慌てた様子で何かの端末を操作する。

次の瞬間、トニーはハッとする。

傍らで地面にめり込んだミサイルが作動したのだ。側面には「スターク・インダストリーズ」とプリントされている。

トニー「わー!」

のけぞった瞬間、炸裂するミサイル。

衝撃をもろに受けたトニーは吹き飛ばされる。

胸元から溢れる血。

防弾ベストを突き破って体にめり込んだとわかる。

やがて気を失うトニー。

○麻袋で隠された顔

外国の言葉が乱暴に飛び交っている。

麻袋を引きはがされるトニー。

洞窟を利用したアジトの様相。

トニーは無精髭を蓄え、疲労困憊な様子。

顔にライトを向けられている。

トニー「・・・(まぶしく不愉快)」

ビデオカメラで撮影もされている。

背後には敵兵が銃を持って整列し、旗が掲げられている。

テロリスト集団の人質となったトニー・スターク。

上記は実際に映画「アイアンマン」を見て脚本に起こした文章です。実際の脚本とは異なります。

映画「アイアンマン」の脚本的な感想・レビュー・解説

場所と人物のギャップで引きつける

戦場に高級スーツのセレブ。主人公のトニースタークの登場はこのように演出されています。これは、ギャップによって観客の興味を引きつけるテクニックです。脚本の冒頭では、観客の心を掴むことが一番大切です。映画「アイアンマン」を見本とすると、作品の一番の魅力ともいえるキャラクターをポイントとしています。

あなたの作品のキャラクターは魅力的ですか? どこが魅力的か説明できるほど理解しているなら、冒頭で紹介してみましょう。「この人何者?」そう思わせられたら成功です。

突然の大事件で引きつける

脚本の執筆テクニックの一つに張り手型があります。これは、衝撃的な出来事を最初に見せることで観客の興味を引く手法です。映画「アイアンマン」でもこの手法が取られているので、見本として見てみましょう。

主人公のトニースタークは、突然テロリストに襲われて拉致されてしまいます。観客は、このあとの展開が気になって、作品から目が離せなくなります。これが張り手型の演出です。

張り手型の反対に「撫で型(なでがた)」という手法もあり、これはゆっくりとした導入部分の事を言います。初心者の方は、張り手型の方がうまくいきやすいと思いますのでおすすめの手法です。

映画「アイアンマン」の情報

概略

上陸する―驚異の全世界メガヒットNo.1ムービー

2008年5月2日に全米4,015館で公開され、週末3日間で興行収入1億ドル突破を記録した『アイアンマン』。この驚異的な記録は、2008年度全米オープニング興行収入1位、さらに続編・シリーズものではない作品として、全米オープニング興行収入歴代2位を記録(因みに歴代1位は2002年公開の『スパイダーマン』)、全世界オープニング興行収入歴代3位を記録しメガヒット。またこの勢いは2週目も衰えることなく、全米で5,000万ドルを超える週末興行収入を記録。見事全米2週連続No.1を飾り、全世界でも3億4,200万ドルを稼ぎ出した驚異的メガヒット作『アイアンマン』が、3月18日いよいよDVD/Blu-ray/UMDで登場する。

あらすじ(ストーリー)

誕生する一世界最強のCEOトニー・スターク

「巨大軍事企業の社長、天才発明家、スーパー・セレブ、彼のもう一つの顔は・・・アフガニスタンで自社兵器のデモ実験に参加したトニーは、テロ組織に襲われ、拉致されてしまう。胸に深い傷を負い、捕虜となった彼は組織の為に最強兵器の開発を強制される。トニーは装着することで、圧倒的な破壊力とパワーを発揮できる戦闘用パワードスーツを敵の目を盗み開発する。そして自らそれを装着し闘うことで敵地から脱出に成功した。

生還したトニーは、自らが社長を務めるスターク・インダストリーズが開発した兵器がテロ組織に使用されている事実を知りショックを隠しきれない。その償いをすべく彼は決断する、助かった命をテロ撲滅に捧げることを。トニーは天才発明家として人工知能コンピューターと最先端の技術を駆使し、新たなパワードスーツの開発に着手する。それは、腕からのミサイル攻撃が可能な戦闘力、戦闘機より優れた飛行性能を持つ、究極のパワードスーツ=(アイアンマン)だった・・

キャスト

  • トニー・スターク/ロバート・ダウニーJR.
    • 軍需産業面で米国政府と太いパイプを持つスターク・インダストリーズ社のCEOにして、天才的な発明家。パワードスーツ“アイアンマン”を開発。「自分のビジネスが世界にもたらす現実に、葛藤を抱くようになる。パーティーとロマンスを愛するプレイボーイでもある。
  • ジェームズ“ローディ”ローズ/テレンス・ハワード
    • 合衆国政府の軍事アドバイザーを務める空軍中佐。空軍の購買部門とスターク・インダストリーズとの橋渡し的な役割を果たしている。スタークとは良きビジネス・パートナーで良き友人同士でもある。
  • オバディア・ステイン/ジェフ・ブリッジス
    • スターク・インダストリーズ最高幹部。スタークの父の友人でもあり、スタークの留守時には経営を任される。目的のためには手段を選ばない、抜け目ないビジネスマン。
  • ペッパー・ポッツ/グウィネス・パルトロー
    • スタークが全幅の信頼を寄せている秘書。彼の抱えた問題を速やかに解決するのが彼女の仕事。沈着冷静で頭が切れ、機転が利く。スタークとは恋愛関係に発展しそうな気配も!?
  • インセン/ショーン・トーブ
  • ラザ/ファラン・タヒール
  • クリスティン・エヴァハート/レスリー・ビブ

スタッフ

  • 監督・製作総指揮/ジョン・ファヴロー
  • 脚本/マーク・ファーガス、ホーク・オストビー、アート・マーカム、マット・ホロウェイ
  • 製作/アヴィ・アラド、ケヴィン・フェイグ
  • 製作総指揮/ルイス・デスポジート、ピーター・ビリングスリー、アリ・アラド、スタン・リー、デヴィッド・メイゼル
  • 撮影/マシュー・リバティーク,ASC
  • 美術/J・マイケル・リーヴァ
  • 編集/ダン・レーベンタール,A.C.E.
  • 視覚効果/ジョン・ネルソン
  • 音楽/ラミン・ジャワディ
  • 音楽スーパーバイザー/デイヴ・ジョーダン

映画公開日

  • 2008年9月27日(日本公開)

予告映像

公式ホームページ

映画「アイアンマン」公式サイト:http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/ironman/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。