アニメ脚本の書き方を上達させる3つのポイント

アニメ脚本の書き方には、実写脚本の書き方と異なる点があります。違いを理解することでアニメ脚本の書き方が上達するはずです。記事ではなかでも重要と思えるポイントを3つ紹介します。アニメの脚本家を目指す方はぜひ参考としてください。

sponsored
sponsored

アニメ脚本の書き方ポイント1_
アニメである必要性を確認する

まず、あなたの脚本をアニメ化する必要が本当にあるか、自問自答してください。これは、アニメ脚本の書き方を具体的に学ぶ前にクリアにするべき大前提です。

ジャンル自体がアニメに適しているパターンがあります。ファンタジーやSFなど、現実とかけ離れた世界が舞台の脚本は、アニメーションに適しているでしょう。

一方、現実世界が舞台の何気ない日常を扱った作品であっても、映像化したいシーンによってはアニメに適しているケースもあります。

自分のイマジネーションを客観的に分析して、アニメ化する必要性を確認してください。

アニメ脚本の書き方ポイント2_
アニメ脚本と実写脚本の違いを理解する

アニメ脚本だからといって、構成、柱書き、ト書き、台詞などの要素は実写脚本と変わりません。ただし、アニメ脚本ならではの表現方法は存在します。

強調されたビジュアルイメージ

アニメ作品に登場するキャラクターや風景、あらゆるオブジェクトなどは、現実よりもデフォルメされていることが多いです。そしてそれが特徴であり魅力でもあります。アニメ脚本を書くときには、それらが正しく伝わるように表現してください。

例えば、「ヒロインの大きな瞳」、「虹色のカラフルな衣装」などの指定をト書きなどに含めます。ただし、描写を細かく書き込みすぎるとアニメーターのイマジネーションを阻害するかもしれません。そのため端的に表現してください。

撮影制限が無い

アニメーションのメリットの一つは、撮影制限が無いことです。日本でも外国でも、宇宙でも、過去でも未来でも、異星人でも動物でも、自由自在に設定できます。アニメ脚本の書き方を上達させるには、思考のリミッターを外して空想の翼を広げることが重要です。

脚本家は、主人公が苦しむようにハードルを用意します。その際、現実離れしたとてつもなく激しいハードルを用意することも、アニメーションなら可能です。オリジナリティあふれる障害を用意してください。

未知のオブジェクトを創り出せる

アニメーションであれば、現実世界には存在しない、脚本家の頭の中だけに存在するオブジェクトを実現できます。武器、生物、ロボット、ガジェットなどなど。

ただし、ここでも実際に描くアニメーターのインスピレーションを邪魔しないよう気をつけてください。いくら脚本家の頭にしか存在しないイメージであっても、説明は数行にとどめておくべきです。

きっと、アニメーターが想像を超える結果を出してくれると信じましょう。

アニメ脚本の書き方ポイント3_
上達のコツ

アニメ脚本の書き方を上達させるにはいくつかコツがあります。

プロの作品を読む

アニメ脚本の書き方を上達させたいのであれば、アニメ作品を視聴することはもちろん、脚本を読むことも忘れてはいけません。プロの書く一行が、どのような映像を生み出しているのか研究しましょう。

百聞は一見にしかず。今すぐ無料でプロのアニメ脚本を読めるサイトを紹介します。佐藤竜雄が原作・脚本・監督を務めた『学園戦記ムリョウ』です。また、本作は『dアニメストア』であれば初月無料で視聴できます(2021年5月調べ)。シナリオと映像を見比べてはいかがでしょうか。

視聴者のペルソナを明確にする

アニメ作品は老若男女問わず楽しめるコンテンツです。しかし、ジャンルやコンセプトによっては視聴者を限定する場合があります。

ディズニー映画やジブリアニメなどは幅広い層に人気が高いアニメ作品です。その一方で、子供向けアニメや大人向けアニメ、釣り好きに向けたアニメ、キャンプ好きのためのアニメなど、ニッチな需要に応える作品も少なくありません。

ここで重要なことは、あなたがどの視聴者層に向けてメッセージを発信したいかということです。アニメ脚本の書き方を上達させるには、そのペルソナイメージを明確にします。

そして、想定する視聴者ペルソナが100%満足するようなアニメ脚本を目指してください。

類似アニメ作品を研究する

世の中には数多のアニメ作品が存在します。なかにはあなたのアニメ脚本と似ている作品もあるでしょう。いくらオリジナリティを追求したとしても、部分的に共通する可能性は否定できません。

既存のアニメ作品はあなたが生み出す作品のライバルである一方、貴重な研究対象にもなり得るのです。同じジャンル、コンセプトのアニメ作品を研究することで、あなたの脚本の書き方が進歩するきっかけにもなります。

柔軟な思考を持って積極的にエッセンスを吸収してください。

初体験を提供する

アニメ脚本の書き方を学ぶ上で常に意識すべきポイントがあります。それは、視聴者に初体験を提供しようと心がけることです。

アニメーションは、ゼロから世界を構築するコンテンツであり、無限の可能性を秘めています。観客も未知の世界へのトリップを期待しているはずです。ワクワクさせてあげましょう。

そのためには、今まで誰も見たことがない世界観やストーリーが必要です。アニメ脚本はその土台として機能します。あなただけの特別な脚本を書きましょう。

まとめ

アニメ脚本を書くには、イマジネーションが必要です。世界をゼロから作り上げるため、脚本の書き方で戸惑うかもしれません。一方、タブーが存在しない究極のクリエイティブという見方もできます。記事で伝えたポイントを参考に、アニメ脚本の書き方を身につけてください。