『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』キャスト・あらすじ・DVD・配信

大泉洋、小池栄子主演の2020年公開映画『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』(脚本:奥寺佐渡子)。文豪太宰治の未完の絶筆を、ナイロン100℃のケラリーノ・サンドロヴィッチが舞台化。今作はその映画化です。

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』のキャストやあらすじ、DVD販売や動画配信状況などについて、個人的な感想も交えつつ紹介します。

sponsored
sponsored

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』とは?

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』は奥寺佐渡子が脚本を担当した2020年公開の映画です。太宰治の最後の作品がベースになっていますが、ケラリーノ・サンドロヴィッチが大部分を補完したストーリーを原作としています。

実際、太宰治の小説で描かれたエピソードは、映画全体における二割程度にとどまり、残りの八割はケラリーノ・サンドロヴィッチの創作です。

ケラリーノ・サンドロヴィッチいわく「ラブコメをやりたかった」とのこと。そのための設定を太宰治の小説から借り、思うがままに作り上げましたといいます。

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』_
キャスト(登場人物)

映画版『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』のキャストを紹介します。ヒロインの永井キヌ子を演じた小池栄子、青木保子役の緒川たまき、デザイナー役の池谷のぶえは舞台版から引き継いで演じています。他キャストは映画オリジナルです。

  • 田島周二(大泉洋)
  • 永井キヌ子(小池栄子)
  • 大櫛加代(水川あさみ)
  • 水原ケイ子(橋本愛)
  • 青木保子(緒川たまき)
  • 田島静江(木村多江)
  • 水原健一(皆川猿時)
  • 採石場の親方(田中要次)
  • デザイナー(池谷のぶえ)
  • 佳乃(犬山イヌコ)
  • 闇市のブローカー(水澤紳吾)
  • 易者(戸田恵子)
  • 清川伸彦(濱田岳)
  • 漆山連行(松重豊)

田島周二にマッチする大泉洋

ケラリーノ・サンドロヴィッチの舞台(2015年)では仲村トオルが田島周二を演じています。また、生瀬勝久が演出を担当したKERA CROSS版(2020年)では藤木直人が担っています。どちらも、文句のつけようのない二枚目俳優です。

一方、映画版の田島は大泉洋が演じます。仲村トオルや藤木直人と比べると、2.5~3枚目の感が否めない俳優ですが、女心をくすぐる愛嬌を持つ俳優です。そのため、女性にモテる役にもリアリティが生まれます。

現実でも大泉洋は女性からの人気が高いです。その点、多くの女性と浮世を流す田島周二という役柄にマッチしているのではないでしょうか。

永井キヌ子を演じる小池栄子

ヒロインの永井キヌ子は小池栄子が演じています。ケラリーノ・サンドロヴィッチ版の舞台でも主演を務めており、はまり役と批評されています。ちなみにKERA CROSS版ではソニンが演じていました。

永井キヌ子という役柄は、絶世の美女と言い切る設定が前提にあるため、実は映像化が難しい存在です。小説のように文字だけの世界であれば問題ありません。原作小説では最初に登場する愛人の青木さんとキヌ子を比較してこう書いています。

青木さんも、目もと涼しく、肌が白くやわらかで、愚かしいところのないかなり美人ではあったが、キヌ子と並べると、まるで銀の靴と兵隊靴くらいの差があるように思われた。

太宰治『グッド・バイ』から引用

映画版における青木さんは緒川たまきが演じています。小池栄子と緒川たまきを比較すると、個人の趣味によるところはあったとしても、銀の靴と兵隊靴ほどの差は感じられません。

絶世の美女を表現する演出

小池をひと目見た緒川が、一瞬で負けを認める描写があります。

現実味を持たせるために、衣装と演技で差を表現していました。

小池栄子演じるキヌ子は、当時の最先端である貴婦人風のワンピースに身を包み、大きなネックレスやイヤリングを輝かせます。対する青木さんは庶民風のボタンシャツにエプロン姿で、もちろんアクセサリーなどはつけていません。

さらに小池栄子の無邪気で勢いのある演技。笑顔だけでグイグイ来る感じです。対する青木さんは薄幸で若干へりくだった印象を強調しています。このような工夫を凝らすことで二人の容姿に優劣を生み出していました。

十人十色。愛人の脚本的描写

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』では、田島の愛人として次々に美女が登場します。本作品の見どころの一つです。奥寺佐渡子の脚本では、それぞれの美女がシンプルかつ明解に描写されています。

美しく着飾ったキヌ子が微笑んで会釈。
編集部員たちが一人、また一人と仕事の手を止め、キヌ子を見ている。
口を開けてキヌ子に見とれる清川。

奥寺佐渡子『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』から引用

上記は、田島の仕事場にキヌ子がはじめて登場した際のエピソードです。田島の部下である清川を中心に、周囲のリアクションでキヌ子の美しさを伝えるテクニックは映像的だといえます。

また、これ以降のキヌ子は、美しい姿と本性とも言える汚れた姿の二通りが存在します。脚本的にどちらかを指定する必要があり「美人の方のキヌ子」のように書き分けているのは読者(製作者)に対する配慮です。

脚本には、他の愛人たちの容姿に関する記述も指示されています。それぞれキャラクターを一言で表していて興味深いので参考としてください。

色とりどりの花に囲まれ、働いている青木保子。
三十前後の幸薄そうな色白美人。

奥寺佐渡子『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』から引用

明るい窓辺で絵を描いている水原ケイ子。
二十代半ば、童女のように可憐。

奥寺佐渡子『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』から引用

看護婦とともに対応する白衣の女医・大櫛加代。
三十前後、足の美しさが印象的な知的美人。

奥寺佐渡子『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』から引用

脚本では登場人物のイメージを読者(キャストや製作者)に伝えなければなりません。しかし、初登場以降は省略します。

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』_
あらすじ

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』のあらすじは、太宰治の小説『グッド・バイ』から大きく変わっていません。田島が愛人たちと別れるためにキヌ子と偽夫婦を演じるという本筋はそのままです。

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。闇稼業で小金を稼いでいた文芸誌編集長の田島周二は、優柔不断なくせに、なぜか女にはめっぽうモテる。気づけば何人もの愛人を抱え、ほとほと困っていた。そろそろまっとうに生きようと、愛人たちと別れる決心をしたものの、別れを切り出すのは至難の業。一計を案じた田島は、金にがめつく大食いの担ぎ屋・キヌ子に「嘘(にせ)の妻を演じてくれ」と頼み込む。そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗えば誰もが振り返る女だったのだ!男は女と別れるため、女は金のため―。こうして、水と油のような二人による“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』公式サイトからあらすじ引用

擬似関係は葛藤を生みやすい

擬似夫婦や擬似家族は、昔から人気の高い設定です。

例えば、映画『万引き家族』では擬似家族そのものを題材にしています。また漫画では『うさぎドロップ』や『SPY×FAMILY』が擬似家族ものに該当するでしょう。

偽りの関係を半強制的に構築する設定は、ジャンルを問わず人気が高いのです。

擬似家族の魅力は、葛藤を生み出しやすい点にあります。映画やドラマでは、登場人物の葛藤が何よりも大切です。主人公が悩む姿をみて、観客は共感したり応援したり興味を持ちます。

そして、最初は拒絶し合う偽物の関係であっても、最終的には求め合うように心情が変化するのがこのテーマを扱う際のセオリーです。観客もそこに期待を寄せます。

田島の葛藤

擬似関係を構築するスタート時、一般的にはお互いを拒絶する関係性として描かれます。それにも関わらず、周囲の状況などによって強制的にくっつけられるのです。

つまり、嫌々ながら仕方なく一緒にいる、行動をともにすることで葛藤が生まれやすい状況になります。『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』の場合も、田島は当初、キヌ子を嫌っていました。

粗野で乱暴、不潔で金に汚い女を軽蔑しつつ、美しい外見という一点のみに惚れ込み、仕方なく関係をつなぎとめるのです。実際、キヌ子とバディを組むと目論見通り愛人と別れることができました。

しかし、その代償として多くの金がかかる事に気づきます。田島は女好きである一方、守銭奴という設定もある人物。身を切る思いでキヌ子に投資するが、やがて金が惜しくなりキヌ子を手篭めにしようと画策します。

ところが、今度はその腕力に屈してしまう田島。金を取られ、暴力に屈しながらも、愛人と別れるために頭を下げる田島には、必然的に葛藤が生まれます。

キヌ子の動機

擬似関係はお互いにメリットがないと成立しません。中には、強制的に無理やり言うことを聞かせるパターンもあります。その場合にも、身の安全が担保されるなどのメリットがあるから従うのです。

では、キヌ子はなぜ田島の申し出を受けたのでしょうか。公式のあらすじには「男は女と別れるため、女は金のため」とあります。このことから、キヌ子は金のために擬似関係を引き受けたと理解できそうです。

しかし、それほど切羽詰まった様子は感じられません。実際、キヌ子はかなりのやり手です。背負子(しょいこ)というビジネスを一人で切り盛りしており、それなりの稼ぎも得ています。

ちなみに、背負子とは戦後の闇市で販売する商品を背中にしょって持ち運ぶ現代の運搬業のようなものです。違法行為であることから警察などに捕まるリスクもありました。男性が幅を利かせていた業界で、キヌ子は自慢の腕力でシェアを確立しています。

金のために行動するということは、多額の借金があり命の危険が迫っているくらいの設定があっても良さそうです。しかし、キヌ子には危機感がありません。少なくとも映画からは感じ取れませんでした。

確かに背負子は命がけの仕事かもしれません。同等のお金を楽に得られるのであれば田島の申し出も魅力的に見えるでしょう。しかし、週に一度は着飾って映画を鑑賞するキヌ子からは、金銭面での余裕さえ感じられてしまいます。

個人的には、戦後の日本において女ひとりで生きることの厳しさをもっと明確に表現した方が良かったのではないかと感じました。そうすれば切羽詰まって田島の申し出を受けることになる。「愛人と別れるために利用されるなどバカバカしい」という気持ちと「安全に金を稼げるのなら魅力的」という感情の天秤が揺れ動き、葛藤が生じます。

両思いになったのはいつ?

相反していた擬似的関係から両思いになる瞬間が、このジャンルの映画では大きな見せ場になります。例えば強制的に行動を共にすることで、お互いの本心をさらけ出して惹かれ合うといったパターンが定番です。

水と油のように正反対の登場人物が、喜怒哀楽の感情を共有するから心の距離が近づきます。そのためには二人のためのエピソードが必要です。しかし、『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』ではそれが少なく感じました。

唯一、キヌ子を手篭めにしようとした田島が、キヌ子の腕力に返り討ちにされるエピソードが該当します。二人が本音で衝突するシーンです。本来はこのようなエピソードが随所にあると良いのではないでしょうか。

このエピソードの後は、田島と愛人、元妻とのやり取りがメインであり、オムニバスのようです。その中で、いつの間にかキヌ子は田島に惹かれ、田島もキヌ子しかないと気付く。一体いつ両思いになったのか。見ている方としてはモヤモヤが残りました。

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』_
DVD販売や動画配信など

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』のDVD販売や動画配信状況などについてまとめました。また、関連商品についても合わせて紹介します。

映画

映画『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』は2021年10月12日現在、アマゾン・プライムの動画配信で視聴可能です。またDVDやBlu-rayも発売されています。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

Amazonプライムビデオamazon楽天市場Yahoo!ショッピング

舞台

ケラリーノ・サンドロヴィッチによる舞台(2015年)はDVDでソフト化されています。

KERA・MAP#006『グッドバイ』

amazon楽天市場Yahoo!ショッピング

また、生瀬勝久が演出を担当したKERA CROSS版(2020年)もDVDソフト化されています。

KERA CROSS 第二弾 グッドバイ

楽天市場Yahoo!ショッピング

関連書籍

奥寺佐渡子による『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』の脚本は、シナリオ2020年3月号で読むことができます。

シナリオ2020年3月号-『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』(脚本:奥寺佐渡子)掲載

amazon

また、その原案となったケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲も書籍化されています。すべての登場人物が丁寧に書き込まれているため、映画では描ききれなかった人間模様が楽しめます。

グッドバイ 単行本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ (著)

amazon楽天市場Yahoo!ショッピング

そして、すべての原案になった太宰治の小説版はぜひ一読しておきたいところです。未完の短編なので、数十分で読み終えられます。

グッド・バイ (新潮文庫) -太宰 治 (著)

amazon楽天市場Yahoo!ショッピング

影響を与えた作品

太宰治の小説『グッド・バイ』は様々なジャンルのクリエイターに影響を与えてきました。以下ではそれらの作品を紹介します。

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』

バイバイ、ブラックバード – 伊坂幸太郎 (著)

amazon楽天市場Yahoo!ショッピング

羽生生 純『グッド・バイ』

グッド・バイ – 羽生生 純 (著)

amazon楽天市場Yahoo!ショッピング

大野拓朗・夏帆出演のドラマ『グッド・バイ』

ドラマ『グッド・バイ』大野拓朗 (出演), 夏帆 (出演)

amazon楽天市場Yahoo!ショッピング

脚本:小国英雄による『女性操縦法”グッドバイより”』(1949年)

『女性操縦法”グッドバイより”』 – 脚本:小国英雄

amazon楽天市場Yahoo!ショッピング

映画『さよならグッド・バイ』(2021年秋に公開予定)

まとめ

『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』は鑑賞後に幸せな気分に浸らせてくれる映画です。多くの方に勧められる作品でしょう。映画が気に入った方は、舞台版や太宰治の小説などにも目を通すと、より深く作品世界に没入できるはずです。