泣けるゾンビ映画!ダメ父が命がけで娘を守る超高速パンデミック「新感染 ファイナル・エクスプレス」

娘とのギクシャクした関係を改善したい父親のソグ(コン・ユ)。そんな娘を別居中の妻の所へ送り届けるために乗り込んだ高速鉄道で突如ゾンビが大量発生します。映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」は、時速300キロの車内で繰り広げられるゾンビパンデミックから、なんとか生還しようと奮闘する人々を描いた作品です。

ファンドマネージャーのソグは家庭を顧みない仕事人間。妻とは別居中で、娘のスアン(キム・スアン)からは母の元へ行きたいと懇願されてしまいます。渋々承諾したソグは、スアンを送り届けるためにKTX列車へ乗り込むのでした。列車には個性豊かな面々が乗り込んでいます。その一方、発車直前にただならぬ様子で飛び乗った女性は、突如としてゾンビに豹変し、周囲の人間に襲いかかったのです。

乗客は次々とゾンビとなり、瞬く間に車内は地獄絵図と化します。ソグは、他の乗客を犠牲にしてでもスアンだけは守り抜こうと立ち回ります。仕事で得たコネを利用して裏情報を掴んだソグは、周囲を出し抜こうとしますが上手くいきません。窮地に追い詰められたソグは、車内で知り合ったサンファ(マ・ドンソク)やヨングク(チェ・ウシク)と共闘を誓い、それぞれの大切な人を守るため、ゾンビの群れへ立ち向かいます。

以下にはラストのネタバレも含みます。ご注意ください。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」では、ゾンビはもちろん極限状態に陥った人間同士の争いも生々しく描かれます。自己中心的な性格のソグでしたが、次々と襲いかかる凶事からスアンを守り続けることで人間的な成長を遂げます。しかし最後にはゾンビに噛まれてしまうソグ。完全にゾンビ化してスアンに危害を与える前に自ら命を絶ちます。涙ながらに父を引き止めるスアンを振り切って、走行する列車から身を投じるソグ。死の間際、走馬灯のように思い返すのはスアンが産まれた時の喜びでした。

「新感線」の魅力は息もつかせぬほどパワフルに襲いかかるゾンビ描写でしょう。かの有名なホラー作家であるスティーブン・キングに「ウォーキング・デッドがおとなしく見える」とまで言わしめたほどです。また、冷めきった親子関係が徐々にヒートアップする様子も見どころの一つ。序盤のギクシャクした関係がラストの涙の別れへとつながることで、怒涛の感動を生み出します。「始まりと終わりは正反対にすべし」という脚本の鉄則が学べる秀逸な映画ではないでしょうか。

「U-NEXT」では、月額制のサブスクリプションに登録することで、映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を観られます。また、初めて利用される場合は、無料で31日間お試し視聴できます。