【U-NEXT】登録して解った!メリットとデメリットを独自の視点で解説【随時更新】

映画などの動画作品を多く観ることは、脚本の勉強方法として有効です。動画配信サービスを利用すれば、いつでもどこでも好きなだけ動画作品を視聴できるので「観る勉強」がはかどります。
『U-NEXT』は、サブスクリプション方式で映画やアニメ、海外ドラマなどの動画作品を視聴できる配信サービスです。また、雑誌や漫画、小説、ライトノベルなども読めます。月額料金は税抜で1,990円。無料期間は31日間です。無料期間中に解約すれば別途料金はかかりません。(2021年1月6日現在)
記事では、実際にU-NEXTを利用して気付いたメリットやデメリットを独自の視点で解説します。新規登録を迷っている方は、ぜひ参考としてください。

sponsored
sponsored

U-NEXTのメリットは8つある!

実際にU-NEXTを利用することでいくつかのメリットに気付くことができました。一つ一つは些細なことかもしれませんが、利用に際してストレスを軽減し、操作をスムーズにしてくれます。

U-NEXTの8つのメリット

  1. スマホ画面の縦横表示が切り替えられる
  2. 再生速度を調整できる
  3. 脚本家などのスタッフ・キャストから関連へリンク
  4. 検索システムが優秀
  5. 視聴期間の期限が明記されている
  6. 数行の動画説明文が便利
  7. 字幕と吹き替えを明確に選択できる
  8. ポイント制だから新作が見やすい

以下ではそれぞれ詳しく解説します。

U-NEXTのメリット1_スマホ画面の縦横表示が切り替えられる

U-NEXTでは、スマートフォンで映画などの動画作品を閲覧する際、縦表示と横表示を自由に切り替えられます。少しでも大きな画面で映像を視聴したい方は横画面がおすすめ。しかし混雑した電車内など、スマートフォンを縦に持ち、動画を視聴するほうが楽な場面もあります。このように、利用シーンによって縦横表示を自由自在に切り替えられる機能は、U-NEXTのメリットです。

U-NEXTのメリット2_再生速度を調整できる

U-NEXTで動画を再生する際、その再生速度を調整できます。用意されているのは「0.6倍」「1.0倍」「1.4倍」「1.8倍」の4パターンです。「1.0倍」が通常の再生速度であり、「0.6倍」だと遅くなります。「1.4倍」「1.8倍」と数字が大きいほど再生速度は速くなりますが、セリフは聞き取れるはずです。

脚本の勉強として映画を視聴する際、ストーリー構成を分析することがあります。動画を視聴しつつメモをとるのです。そのような場面では再生速度を遅くすることで、内容をじっくり分析できます。また、個人的な興味は薄いけれど世間で流行しているという理由で動画を視聴する場合は、再生速度を速く設定すると効率的です。

U-NEXTのメリット3_脚本家などのスタッフ・キャストから関連へリンク

U-NEXTの動画詳細ページは、見どころやストーリー紹介の他、出演者であるキャストや脚本家などのスタッフの名前が明記されています。そして、それぞれの関連作品へリンクが繋がっているのです。気になる制作者の名前をタップするだけで関連動画や書籍が一覧表示されます。改めて検索する手間を省けます。特に脚本家の中には書籍を出版しているケースも多く、それらも合わせて表示されるので便利です。

U-NEXTのメリット4_検索システムが優秀

動画配信サービスにとって、作品数の多さは大切なポイントです。U-NEXTが配信する見放題作品は、200,000本以上あります。これは業界でもトップクラスであり、充足感を感じられるはずです。一方、作品数が多すぎて何を観るべきか迷ってしまう人もいるでしょう。しかし、U-NEXTの検索システムはシンプルでわかりやすいため、誰でもスムーズに見たい作品へたどり着けます。目当ての作品を効率的に探せるためメリットです。

U-NEXTのメリット5_視聴期間の期限が明記されている

一般的な動画配信サービスでは、たとえ見放題作品であっても視聴期間に期限が設けられています。たとえダウンロードしていたとしても期限が過ぎれば視聴不可です。後でゆっくり閲覧しようとダウンロードした動画が、不意に観られなくなっては目も当てられません。その点、U-NEXTであれば動画ごとに視聴期限が明記されています。そのため、視聴する優先順位が決めやすく、視聴逃しを防げるはずです。

U-NEXTのメリット6_数行の動画説明文が便利

U-NEXTの作品一覧ページを眺めていると初めて知る作品があります。それぞれ数行程度の説明文章が添えられているので、大雑把な内容が理解できるはずです。他の動画配信サービスの中には、画像とタイトル名だけがズラッと並んでいるケースも少なくありません。その場合、いちいち動画詳細ページを確認して内容を確認する必要があり手間がかかります。U-NEXTのように数行でも動画の説明文章があれば便利です。

U-NEXTのメリット7_字幕と吹き替えを明確に選択できる

一つの動画タイトルに字幕版と吹替版がある場合、一般的な動画配信サービスでは同名タイトルが2つ存在するケースがあります。これは視聴者が混乱したり、間違えて視聴したりする原因です。その点、U-NEXTでは字幕版と吹替版がある動画でも、基本的に1タイトルしか存在しません。再生途中に字幕と吹き替えを切り替えたり、ダウンロード前にどちらかを選択したりできます。そのため、言語による動画の選び間違いが起こらないのです。

U-NEXTのメリット8_ポイント制だから新作が見やすい

脚本家志望であるなら新作映画などは常にチェックしておきたいもの。どのような動画配信サービスであっても、新作は有料です。そして一般的に有料の新作動画を閲覧するには、まず動画をオンラインで購入し、次に動画配信サイトで閲覧するケースが多くなります。一方U-NEXTの場合は、ポイント制を採用しているため、観たいと思った有料の新作動画をすぐに閲覧できるのです。動画購入の手間が省かれているのでストレスなく視聴できます。

U-NEXTのデメリットは4つある!

U-NEXTは作品が豊富でアプリの使い心地も良いです。その一方でデメリットに感じる箇所もいくつかありました。

U-NEXTの4つのデメリット

  1. 動画作品のレビューがない
  2. 古いスマホのサポートが終了している
  3. ダウンロードできない作品がある
  4. ポイント制度が複雑

以下ではそれぞれ詳しく解説します。

U-NEXTのデメリット1_動画作品のレビューがない

例えばアマゾンプライム・ビデオでは動画作品ごとにユーザーのレビューコメントが書き込まれています。映画を視聴するかどうか迷った時の参考情報になる他、視聴後の答え合わせ的な利用も可能です。しかしU-NEXTにはレビューコメントが存在しないようです。それは少し物足りなく感じられます。

U-NEXTのデメリット2_古いスマホのサポートが終了している

U-NEXTをスマートフォンで視聴するためにはアプリをインストールします。しかしiOSやAndroidのOSが古いと最新版アプリをインストールできません。旧バージョンのアプリをインストールすることで一応の視聴は可能ですが動作の保証がされない点がネックです。具体的に対象となるデバイスは、iOS9,iOS10、Android4.4を搭載するスマートフォンやタブレットだと公表されています。

一部バージョンのiOS/Androidのデバイスのサポート終了について【外部リンク】

U-NEXTのデメリット3_ダウンロードできない作品がある

U-NEXTは豊富な作品数が売りですが、中にはスマートフォンにダウンロードできない作品があります。そのような作品であってもストリーミング再生は可能なので、Wi-Fi環境で視聴したり、パソコンやテレビで視聴したりすれば問題ありません。しかしネット環境が整っていない環境だと視聴できないためデメリットに感じられます。

U-NEXTのデメリット4_ポイント制度が複雑

初めてU-NEXTを利用した際、ポイント制度が複雑で面倒でした。サブスクリプションサービスは月額料金を支払えば、どれだけ視聴してもOKという認識だったので、ポイントの存在が理解できなかったのです。またUコインとの違いなどもややこしいと感じました。

まとめ

U-NEXTの強みはなんと言っても作品数の多さ。見放題動画が多いのはもちろん、新作が開放される時期も早いのでいち早く流行をキャッチしたい人にはピッタリの動画配信サービスです。また漫画やラノベ、小説や雑誌も豊富なので総合的な情報収集にも向いています。今回お伝えしたメリットとデメリットは、実際にU-NEXTを利用して気付いたポイントです。あくまでも現時点(2021年1月6日現在)での感想なので今後増えることがあるかもしれません。その際には、都度追記していくので是非参考としてください。