哀愁ただよう名言が光る映画8選

脚本を書く上で、映画の主人公が困難に直面する場面は重要です。観客は、その困難を乗り越える瞬間に感動するからです。そのため主人公が悲しんだり落ち込んだりするシーンは、脚本構成の中では山場として盛り上がります。記事で紹介する台詞は、そんな哀愁ただようシーンでキラリと光る名言です。いずれの台詞も、映画にカタルシスを加え、深みを生み出しています。

sponsored
sponsored

映画「(500)日のサマー」の名言

「彼女しかいないと思うでしょうけど、私は思わない。今は思い出が一杯でも振り返ってみて」

映画「(500)日のサマー」より

主人公のトム・ハンセンが思いを寄せるサマー・フィンにふられてしまった後に、妹がトムにかけた慰めの言葉の一文です。トムは失恋で落ち込んでおりサマー以外考えられない状態ですが、時間と共に和らいでいき、いい人が現れるという意味が込められています。

映画「グッドウィルハンティング/旅立ち」の名言

「自分自身以上に愛するものがあるとき、人は本当に傷つくのだ」

映画「グッドウィルハンティング/旅立ち」より

天才的な頭脳を持ったウィル・ハンティングに、妻を病気で亡くして悲しみに暮れた主人公のショーン・マグワイアが言った名言です。あえて人を避けてきたウィルに愛する人がいたことの素晴らしさを教えます。

映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」の名言

「僕たちはみんな時間旅行をしている。人生の一日一日を。僕たちの出来る最善のことはこの素敵な旅を楽しむだけだ」

映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」より

タイムトラベルができる主人公のティムは、タイムトラベルで起きたトラブルが原因で元の世界に影響が出てしまいます。この文は、映画の最後に流れるナレーションで語られます。タイムトラベルで都合よく未来を変えるより、二度と来ない今を楽しもうという意味です。

映画「小悪魔はなぜモテる?!」の名言

「辛いときはユーモアで乗り切るのよ」

映画「小悪魔はなぜモテる?!」より

学校で酷いレッテルを貼られてしまい、落ち込んでしまった主人公のオリーヴ・ペンダーガストに対し、母親のローズマリーがかけてあげた言葉です。母親は具体的な解決策は出さないものの、この一言でオリーヴが立ち直ります。

映画「イルマーレ」の名言

「誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい」

映画「イルマーレ」より

元カレを忘れられずに苦しんでいる主人公のウンジュが、時間軸の違う文通相手のソンヒョンに心が消耗していることを伝えます。ソンヒョンはウンジュを励ますために、辛いことを知っている=美しいという意味を込めた手紙を返信し、次第にお互いが惹かれ合っていきます。

映画「きみに読む物語」の名言

「最高な愛は魂を目覚めさせ、人を成長させる。心に火をつけ、精神に平安を与える、君がそれをくれた」

映画「きみに読む物語」より

一見愛の言葉に見えますが、主人公のノア・カルフーンが恋人だったアリー・ハミルトンに、別れの際に送った手紙の一文です。失恋をマイナスにとらえることなく、恋愛を通して自分を成長させてくれたアリーに感謝しているという気持ちが込められています。

映画「ホリデイ」の名言

「あなたとは終わりよ。私はこのクソ恋愛から奇跡の復活をするの! 新しい人生を始めるの、あなた抜きでね!」

映画「ホリデイ」より

主人公のアイリスは3年間も元カレのジャスパーに片思いをしていましたが、ジャスパーは他の女性と婚約します。しかし、婚約者がいるにもかかわらずにジャスパーはアイリスを失いたくないと言います。その一言で目が覚めたアイリスが片思いに終止符を打ち、新しい人生(恋)を始めようと過去に決別する一言です。

映画「アメリ」の名言

「君の骨はガラスでできてるわけじゃない。君は人生にぶつかっても大丈夫だよ」

映画「アメリ」より

どれだけ心にダメージを受けようが、どれだけ自分がダメな人間だと思っても、そう簡単には壊れないという意味が込められている名言です。映画の中では骨の弱い「ガラス男」という老人が、好きな人を前にすると臆病になってしまうアメリに勇気を与える重要な言葉となっています。