脚本(シナリオ)が無料で読める!【フジテレビヤングシナリオ大賞】

脚本が無料で読めるWebページを紹介します。本記事では【フジテレビヤングシナリオ大賞】の大賞受賞作品や佳作入賞した作品をピックアップしました。脚本を読むことは、執筆スキルのアップにつながります。またフジテレビヤングシナリオ大賞への応募を検討している場合、傾向と対策を考えるヒントにもなるでしょう。もちろん、単純に脚本(シナリオ)を読んでみたいという人も、ぜひご一読ください。

sponsored
sponsored

第31回フジテレビヤングシナリオ大賞の受賞作品

大賞【パニックコマーシャル】中村允俊

おしゃれなCMを作ろうと燃えるクリエイティブディレクター・新倉(30)は、発泡酒【ビアライト】のCM撮影に臨んでいた。クライアントの宣伝担当・藤木は、新倉の企画に感動し、監督の雨宮は、広告賞も獲れると期待を膨らませ、現場は明るい空気に満ちていた。そんななか、急きょ、頭の固い宣伝部長・石瓦が現れる。石瓦は、新倉の企画が従来のビアライトCMとは違うことを懸念し、修正に次ぐ修正をもちかけ、CMはどんどん最初のコンテとは別のものになっていく。

第31回フジテレビヤングシナリオ大賞_大賞受賞作品【パニックコマーシャル】のあらすじ

佳作【藁の上の禿頭】上田迅

  • 脚本タイトル:藁の上の禿頭
  • 作者:上田迅
  • 外部:藁の上の禿頭の脚本を読む(PDF)

禿頭の夏目裕一(49)とその家族に巻き起こるさまざまな事件を描く物語。ある朝、娘の菜摘(23)から不倫相手の子を妊娠したと告白される裕一は、そんな子供は不幸になるに決まってると強く中絶を勧めるが、菜摘は聞く耳を持たない。そんな中、実家を訪れた裕一は、同じく禿頭の父・義博(80)に突然、養子であることを告げられる。

第31回フジテレビヤングシナリオ大賞_佳作作品【藁の上の禿頭】のあらすじ

佳作【東京まではあと何歩】四反田凛太

  • 脚本タイトル:東京まではあと何歩
  • 作者:四反田凛太
  • 外部:東京まではあと何歩の脚本を読む(PDF)

突然上京を思いついた虻川早苗(20)が主人公。東京へ向かう車の中で母親と痴話喧嘩になり、よく分からない町で降ろされてしまう。東京までの行き方もここがどこなのかも分からず、近くのネットカフェで一夜を過ごそうとするが、そこで根暗な同い年の青年・奥貫佑眞(20)と出会う。すると物語は思わぬ方向へ進んでいく。

第31回フジテレビヤングシナリオ大賞_佳作作品【東京まではあと何歩】のあらすじ

佳作【ヒトノカケラ】遠藤大輔

  • 脚本タイトル:ヒトノカケラ
  • 作者:遠藤大輔
  • 外部:ヒトノカケラの脚本を読む(PDF)

交通事故で妻を失った男首藤正(30)に、その死をきっかけに登場人物の間で巻き起こる人間模様を描いた作品。絡み合う人間関係をドラマチックに描いたヒューマンドラマだ。

第31回フジテレビヤングシナリオ大賞_佳作作品【ヒトノカケラ】のあらすじ

第30回フジテレビヤングシナリオ大賞の受賞作品

大賞【ココア】鈴木すみれ

  • 脚本タイトル:ココア
  • 作者:鈴木すみれ
  • 外部:ココアの脚本を読む(PDF)

渋谷で出会った高校生の灯(16)と、親の仕送りで生計を立てている売れないギタリストの雄介(31)。灯は名前を明かさず、雄介に自分の“友達”の話として、複雑な家庭環境に苦しみ、そして学校ではいじめを受け自殺未遂をしたという「灯」という少女の話をはじめて…。

第30回フジテレビヤングシナリオ大賞_大賞受賞作品【ココア】のあらすじ

佳作【まるでドーナツみたい】市川貴幸

神宮外苑の街を舞台に、かつての恋愛と今を生きる苦悩のはざまで、2組の若い夫婦が織りなす愛の物語

第30回フジテレビヤングシナリオ大賞_佳作【まるでドーナツみたい】のあらすじ

佳作【笑顔のカタチ】沖原佳世

  • 脚本タイトル:笑顔のカタチ
  • 作者:沖原佳世
  • 外部:笑顔のカタチの脚本を読む(PDF)

母と弟と3人暮らしの男子高校生が、交通事故で亡くなった男子大学生になりすますというアルバイトを引き受けたことから始まる家族の物語

第30回フジテレビヤングシナリオ大賞_佳作【笑顔のカタチ】のあらすじ

佳作【女優は毛穴まで嘘をつく】高瀬秀芳

売れない舞台女優が3億円の宝くじに当選。そこから金目当ての人物が次々寄ってくる中、実は女優はある目的を秘めていて…という物語

第30回フジテレビヤングシナリオ大賞_佳作【女優は毛穴まで嘘をつく】のあらすじ